ブランドだけじゃない!不要な服なども賢く買取してもらう

不要な服や日用品も!自分に合った買取方法で取引しよう

手軽に不要なものを買い取ってもらおう!

不要になった物を手放すなら、、質屋や買取の専門店に依頼をすることで現金に換えることができます。自分でお店に向かわなくても、手軽に取引を行うことができますので、その違いを見ていきましょう。

出張買取と宅配買取の違い

出張買取

出張買取の場合、依頼する会社の担当者が直接依頼主の元へ訪れて査定を行います。この時に売買が成立すれば、品物をそのまま渡せばいいので、梱包する手間などを省くことができます。近隣の方に、買取業者だと知られないような配慮を配ってくれるところも多くあります。

宅配買取

宅配買取は、売りたい品物を段ボールなどに梱包し、運送会社に依頼して買取を依頼する会社に郵送します。自分で手配する手間はありますが、業者が家に来ることを気にしなくて済みますし、自分のペースでできるので日中不在にすることが多い方には便利な方法です。

ブランドだけじゃない!不要な服なども賢く買取してもらう

洋服

買取してもらえるのはブランド品だけじゃない

買取といえば、高級なブランド品というイメージがあるかもしれませんが、それだけでなく家電やスポーツ用品・チケットなどの買取も行っています。売りたいものはあるけど「これは売れないだろう・・」と思わずに、一度お店に問い合わせて査定をすることをおすすめします!

女性

取り扱い可能なものか確認を

また、逆のケースで、売れると思っていたものが取り扱い不可であることもあります。新品・中古に限らずありますので、まずはお店などに確認を取るようにしましょう。中には「お金は要らないので引き取って!」とお店に引き取りを希望する方もいるようですが、それは控えるようにしましょう。

服の買取の流れ

売りたい品物を持って来店する

買取をお願いする商品と、本人であることを確認できる書類などを準備してお店に向かいます。お店によって特徴がありますので、自分が買い取ってほしい物を専門的に取り扱っている所などに依頼するのがおすすめです。

査定をうける

その場で品物の鑑定・査定を受けます。お店によって査定の基準や結果などは若干異なります。無料で行えますので、一つのお店だけではなく数社に見せるのもいいでしょう。

査定結果の説明

結果が出たら、その内容の説明を受けます。買取の金額が納得のいく物であれば、そこで取引が成立します。疑問に思うことや不満な点があれば、この時点でしっかりと確認を行っておきましょう。

品物を現金に換える

品物と引き換えに、現金にて代金を受け取ります。この時点で商品は持ち主からお店へと引き渡されます。商品がカバンや財布、服などであっても一般的にはこのような流れになります。